スポーツメディア「AZrena」の記事が令和3年度・中学3年生用の道徳教科書に掲載!

株式会社Link Sports(本社:東京都千代田区、代表取締役:小泉真也)が運営するスポーツメディア「AZrena」におけるインタビュー記事の抜粋が、光村図書出版が発刊する中学3年生用の道徳教科書「きみが いちばん ひかるとき」(令和3年度版)に掲載されました。


今回、採用されたのは明治安田生命J2リーグに所属する、ツエーゲン金沢のホームタウン推進室に務める灰田さちさんのインタビュー記事です。


2018年7月に公開された本記事の一部が、本教科書の「働くこと」について考える教材“「サッカー」と「働くこと」”に、令和3年4月~令和7年3月までの4年間、掲載される予定です。


“スポーツ業界で働く” ことの魅力やこの仕事の社会的価値を媒体を通じて発信してきた中、全国の中学生たちへメッセージや思いが届くことを、社員一同非常に嬉しく思っております。

 

◯灰田さんよりコメント
2年前にAZrena様に取材・掲載いただいた記事が、来年度より光村図書出版様の道徳の教科書に掲載いただけるとのこと、心より感激しております。人生において、道徳の教科書に掲載される機会など滅多にないことであり、正直今でも信じられない想いです。

自身のこれまでの人生に関わってくださった全ての方のおかげで今の私があり、その結果の一つとして今回の教科書掲載のお話をいただけたと思っています。私の経歴を魅力ある記事にしてくださったAZrena様、出版に向けて尽力いただいた光村図書出版様に御礼を申し上げるのはもちろんですが、合わせてこれまで私に関わってくださった全ての皆様に御礼申し上げます。

ツエーゲン金沢は「挑戦を、この街の伝統に。」をクラブ理念として掲げています。私の記事を読んで、「何かに挑戦してみよう!」と思う中学生がいたら大変嬉しいですし、私自身も、この度教科書に掲載いただけたことを誇りに思いながらも、それに臆することなく、地元・石川県のためにますますチャレンジ精神をもって仕事に取り組んで参ります。

 

◯掲載記事
灰田さち(元広島、現ツエーゲン金沢)が語る、Jクラブで働く魅力。
https://azrena.com/post/10258/

◯参考
光村図書 令和3年度版 中学校教科書のご紹介 特設サイト
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/2021c_kyokasho/dotoku/

 

◯AZrenaについて
「スポーツの情報の価値を高めるために、スポーツの市場をより大きくしたい。そして、そのためにより多くの人にこの世界の魅力を知ってもらい、多方面から優秀な人材がこの業界に入ってきて欲しい」。そういう思いを元に、競技軸にとらわれないスポーツの裏側を支える人々を中心に既存メディアが扱わないスポーツの側面を取り上げ、スポーツを支える仕事の魅力や新たな可能性への気付きを提供する、2016年に立ち上がったwebメディアです。スポーツクラブの職員や経営者ならびにチームの経営戦略などに焦点を当てたインタビューやコラムなどを発信。一過性のニュース記事は取り上げず、いつ何時に見ても学びを得られる一次情報を元にした取材記事を配信しております。

AZrena
https://azrena.com

 

◯本件に関するお問い合わせ先
株式会社Link Sports
担当:竹中玲央奈
mail:[email protected]ksports.co.jp